7 mono Blog

京都でものづくりをしている人のブログ

ものづくりの仕事はaiがどんどん必須に❗

この記事をシェアする


スポンサーリンク

ものづくりの仕事はどんどんaiが必要になってきています。なので、少しでもものづくりの仕事がしたいと感じているなら挑戦してみるのはいかがでしょう。

 
f:id:toriyosesyogun:20180409231017j:image

ものづくりの仕事のai とは

artificial intelligenceがAIの単語です。人工知能と日本語で訳されていることが多いと思います。

ものづくりの仕事で人工知能が活躍する具体的なイメージがわきやすいのが写真を判別する技術に用いられる所でしょうか? たとえば笑顔の写真を抽出するとかね。 人を探すとかを人工知能で見分ける技術がよくテレビなどでも紹介されていますよね。 でも実はもっと色々なところで人工知能が活躍しています。開発もどんどん進んでます。

 

aiの勉強方法は?

AI に興味を持って、ものづくりの仕事がしたいなら近道はプログラムを勉強するのが近道です。今はpythonがaiのプログラムとして主流です。 おそらく今後もpythonがメインになると思うので初めてプログラムをする人はpythonからプログラムを初めてaiの知識をつけていくのがおすすめかもしれません。

 

aiの機械学習や深層学習の勉強の仕方

aiの言葉を調べていくと機械学習や深層学習という言葉が必ず出てきます。ニュートリノとかとても難しい計算式とかまともに勉強しようとするとチンプンカンプンだと思います。

ですが、ものづくりの仕事では人工知能のaiを使いこなす必要があります。そのため難しい計算は徐々に学んでいくのがおすすめです。 なのではじめはMATLABなどのツールを使うのがおすすめです。 実際に機械学習や深層学習のサンプルプログラムや解析方法が紹介されているので取っつきやすいと思います。 もしあなたが大学生なら研究室にあるかもしれません。 学割や趣味で使うように格安でツールを買うことができるので自己投資と考えて購入するのはいかがでしょう。 動かしながらaiの人工知能を体感するのがaiを勉強する近道だと思います。