7 mono Blog

京都でものづくりをしている人のブログ

未経験からのC言語の勉強方法

この記事をシェアする


スポンサーリンク

ものづくりの仕事がしたいと感じたらプログラマーになるのが近道です。というのも人手が足りない会社がおいいので未経験でも比較的チャンスがあります。

 

では、どのような言語のプログラマーになるのがよいのでしょう。 私がおすすめするのはC言語です。 組み込みのプログラマーになりたい人には特におすすめです。


f:id:toriyosesyogun:20180410204212j:image

 

組み込みのプログラマーとは

組み込み系のプログラマーは産業機械、車、ロボット、家電、医療機器、飛行機、ロケット、電車など身近な機械を動かすために使用するプログラムはC言語、c++がまだまだ主流です。

 

モーターを動かす、センサー信号を取得するなどハードよりなプログラムをするところではまだまだC言語とc++は主流なプログラム言語です。低級言語なので覚えるまでとても苦労する可能性が高いですが、ものづくりに興味があるなら是非挑戦していただきたいです。

 

環境を整えるのも最近は簡単になってきています。私の今のおすすめはルネサスのシナジーの開発環境は特におすすめです。 無料で開発環境が整えれますし、プロの環境になれることができるのではじめからCPUを意識しC言語のプログラムを真似て覚えるのもひとつの方法ですし私は習うより慣れろがC言語の勉強方法としては最適だと感じています。