7 mono Blog

京都でものづくりをしている人のブログ

プログラムの書き方

この記事をシェアする


スポンサーリンク

プログラマーによってプログラムの書き方は色々あります。

 

でも、分かりやすくバグが発生しにくいプログラムの書き方ができればどんな書き方でも大丈夫です。 なので安心して自分が分かりやすいと感じる人にも分かりやすいプログラムの書き方をしてみるのはいかがでしょう。

 


f:id:toriyosesyogun:20180415183633j:image

 

といっても、会社によってコーディングルールを設定していることがほとんどです。その為、そのコーディングルールから外れた書き方はやめてくださいね。 たとえ、効率が悪いと感じたり、意味がないと感じるルールがあったとしても個人で勝手にルールを破るのはご法度です。

 

あなたのその行動が逆にバグのもとになる可能性が高くなります。 その場合は、コーディングルールを改訂して全社的に意思疏通をとってください。 プロのプログラマーとして働いていくために最低限の責任です。

 

実際、勝手にコーディングルールを破るプログラマーは多いです。 たとえば、C言語で日本語のコメントを使うとかですね。 日本語は2バイト文字です。C言語のコーディングルールをチェックをするとエラーとして引っ掛かります。最近は、ソフトウェアの規格が定められてその規格に沿ってプログラムを書いているという証拠を提出しないと欧州やアメリカで製品を販売できないことがあります。 特に車はiec 26262 医療機器はiec 62304 という規格に沿ってプログラムを作ることが求められています。

 

しっかりと、コーディングルールをに沿ってプログラムを作ることがどんどん必要になってくるのでMISRA等の規格を一度チェックしてみるのはいかがでしょう。