7 mono Blog

京都でものづくりをしている人のブログ

プログラムを独学するのにお勧めのサイトの活用方法

この記事をシェアする


スポンサーリンク

プログラマーがこれからますます不足すると言われていますが、未経験からプログラマーになんかなれないよと感じていると思います。

 

特に機械学習は計算能力が必要になってくるのでtensorflowを使おうと思って色々調べているとPythonというプログラムを習得しないと話が前に進みそうにない。

 

でも、プログラムは独学で習得することも可能だと感じます。

プログラム 独学

プログラム 独学

プログラムスクールや、プログラムの学習支援サイトがとても分かりやすくてこれならいけるんじゃない?と感じたからです。。

 

と言うのも、私は電気系の仕事をメインにしているのですが、最近の機械学習やAIといったスキルは殆どプログラムの世界なんです。

 

何とかPythonを独学で学ぶ方法が無いかを調べると、月額1000円程かかりますが、ドットインストールと言うサイトと、プロゲートというサイトを並行して使うのが便利だなぁ~と感じたからです。。

 

 

私のこの二つのサイトの使い方を紹介します。

全くの初心者だったので、ドットインストールで動画のプログラムの説明を全て見る所から始めました。

 

ドットインストールと、プロゲートというサイトの特徴を紹介します。

 

ドットインストール:プログラムの説明を3分の動画でサクサクっと細かく区切って説明してくれます。

 

プロゲート:プログラムのプレゼンテーションの資料を読んで理解して、課題をこなす勉強方法。

 

私の使い方は、ドットインストールでひたすら動画をみて真似します。 でも、1回では憶えられないので何回も見ることをおすすめします。

1回目は見るだけ、もしくは出来る所だけ真似する。 全ての動画を見ることを優先

2回目は、真似しながら全ての動画を見る。 分からない所は飛ばす。

ここまで終えたら、次はプロゲートで同じ言語を問題を解きながら最後まで実践します。

プロゲートは、初めは無料ですが、途中から月額税込980円必要です。

なので、私はお金がかからない問題を2回クリアします。そしてその後短期集中で残りの課題をクリアする事を続けています。

 

目処は3カ月にして習得したい言語の課題をひたすらこなすと1つはサイトを作ったりプログラム言語でものづくりができるようになっていると思います。

 

プログラムスクールも増えてきましたが、一回独学でプログラムを勉強しようと感じているならドットインストールとプロゲートでプログラムの勉強をはじめてみるのはどうでしょう。