7 mono Blog

京都でものづくりをしている人のブログ

JavaScriptのundefinedの判定とエラーについてのまとめ

この記事をシェアする


スポンサーリンク

JavaScriptのオブジェクトの理解を続けているとundefinedとはなんぞや?

と言うことで、undefinedについてブログ記事にします。

 

 

JavaScriptのundefinedとは


f:id:toriyosesyogun:20201121010208j:image

JavaScriptのプログラムを実行したとき、値が定義されていないのは困るのでJavaScriptが定されてませんと応答するのがundefinedです.

 

JavaScriptでundefinedになる理由

 

  1. 配列のインデックスの要素が無い。
  2. オブジェクトのプロパティの要素がない

上記の要素を呼び出したときにundefinedが表示されます。

 

JavaScriptのundefinedのオブジェクトの対策

JavaScriptでオブジェクトや配列でundefinedを避けるための対策は、if文でundefinedが発生したときの条件文を記載することで対策できます。


JavaScriptでundefinedの判定の書き方

const charactors = [{name:"ワンコ:",age:5},{name:"にゃんこ",age:2}];

 

for(let i =0;i<charactors.length;i++){

    const charactor = characters[i].name;

        if(charactor === undefined){

            console.log("undefinedです。");

        }else{

            console.log(character);

        }

}

 

 

ブログ後記

JavaScriptを勉強してアウトプットする一つの方法としてブログ記事に学んだことを書いています。

まだ比較的スムーズに進むないようなので復習がてらブログ記事を書いています。

サクサクプロゲートの画題が進むのですがなかなかブログでシェアするのに時間がかかってますが少しずつ楽しみながら短期間で課題クリアするとたのしいですよ