u nextで息抜きする組み込みエンジニア

u nextで息抜きをするけいさんが語る組み込みエンジニアの転職や将来性のこと

ジューンブライドと呼ばれる由来は2つあった!日本でのベストな取り入れ方

この記事をシェアする


解体工事 水道屋 クリーニング

6月の花嫁は幸せになれる」と言われるジューンブライド。

日本でも6月に結婚式を挙げたいという花嫁は多いですね。

実は、ジューンブライドの由来って海外から来ていて、2つの理由があったのです。

本記事では、ジューンブライドの由来と日本で取り入れる時のベストな方法をご紹介いたします。

 

 

ジューンブライドの由来を2つご紹介

「なんでジューンブライドは幸せになれるの?」

ジューンブライドという響きからして、6月の花嫁は幸せになりそうな気もしますが、由来を知るともっと6月に結婚式を挙げたくなるかも!

実は、ジューンブライドの由来は2つあるのです。

 

Juno(ジュノ)と呼ばれる女神が保護する月

・農作業が落ち着く時期だから

 

1つずつ詳しく説明いたします。

 

Juno(ジュノ)と呼ばれる女神が保護する月

Juno(ジュノ)は、結婚や出産を司る女神としてローマ神話に出てきます。

女性の守護神であり、月とも関係が深いとされていることで有名。

そんなJuno(ジュノ)が守護する月が6月だったと言われていることから、6月の花嫁は幸せになれると言われています。

 

農作業が落ち着く時期だから

ヨーロッパでは、農作業が忙しい時期が35月されています。

そのため、35月の結婚式は農作業の妨げになることから禁止されていました。

「結婚式を早く挙げたい!」と待ち望んでいる花嫁は、5月まで辛抱強くまって6月にドドドッと結婚していく人が多かったのだそうです。

 

ジューンブライドの由来、Juno(ジュノ)の話は素敵だなと思いますが、農作業の方はかなり現実的ですね。

とにかく、ジューンブライドはこのような理由から花嫁が幸せになれると言われているのでした!

 

しかし、日本でジューンブライドを取り入れようとすると、梅雨時と重なるので「せっかくの結婚式が大雨だった・・・」なんてことにもなりかねなく、気が引けてしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで、次に日本で6月に結婚式を挙げやすい方法をご紹介いたします。

 

海外で結婚式を挙げる

先ほどご紹介した通り、ジューンブライドの由来は海外が言い伝えとなっています。

つまり、海外の季節柄に合わせたものなので、日本で結婚式を挙げるのではなく海外で挙げてしまえば大雨にぶち当たるリスクを下げることができます。

海外挙式は、日本よりもリーズナブルに出来ることも多いので、新婚旅行も兼ねて海外で挙げたいという人はぜひ6月を狙ってみると良いでしょう。

 

入籍だけ6月にしてしまう

ジューンブライドは、6月に挙式をする花嫁とは限りません。

6月に入籍した女性のこともジューンブライドと呼ぶので、入籍だけ6月にしておき挙式は梅雨明けにすると、結婚式に呼ばれる人たちも雨の心配をあまりしなくて済むでしょう。

 

雨でも関係ない結婚式場を選ぶ

日本の結婚式場は、レストランウエディングやハウスウエディング、ホテルなどと色々なやり方があります。

そこで、6月に結婚したい女性は雨でも問題なく挙式が挙げられる場所を選んでみると良いでしょう。

例えば、海が一望できるチャペルで挙式を予定すると、万が一雨が降ってしまうと景色が台無しになりますが・・・

最初から最後までホテルで完結する結婚式場を選べば、天候に関係なくいい思い出を作ることができますね!

 

日本でジューンブライドが始まったのはいつから?

最後に、日本でジューンブライドが広がった時期をご紹介します。

日本でジューンブライドが広がったのは、1995年にTBSのドラマ「ジューン・ブライド」がきっかけと言われています。

ジューン・ブライドは人気女優の財前直見さんが主役を務める金曜ドラマで、お笑い芸人の矢部浩之さんも初めてドラマに出演したことで人気となったドラマです。

「ドラマがきっかけで日本人はジューンブライドを信じるようになったの!?」とちょっとびっくりしてしまう人もいるかもしれませんが・・・

幸せになるきっかけって本当に些細なことがきっかけで始まることはよくあるんですよね。

私はドラマをきっかけにジューンブライドの由来を知り、「少しでも幸せになりたい!」と6月に結婚する女性が増えたと考えると、きっかけは何であれ日本にも伝わってくれてよかったなと思います。

 

まとめ

ジューンブライドの由来は海外のもので2つの由来があることをご紹介しました。

Juno(ジュノ)と呼ばれる女神が保護する月

・農作業が落ち着く時期だから

ただ、日本ではジューンブライドの時期に結婚するのは梅雨と重なります。

そのため、ジューンブライドでいい思い出を作りたい人は、海外で挙式をしたり、入籍だけ6月に済ますなどの方法をとることをおすすめします。

日本ではドラマがきっかけとなって始まったジューンブライド説。

「ジューンブライドは私のあこがれ!」という人は、ぜひいい思い出が作れるように彼氏と段取りを組んでみてくださいね!