便利なものやおすすめをシェアするブログ [ななもの]

普段使っていておすすめの便利なも、便利グッズ、知恵袋を紹介しています。

乾燥わかめはそのまま食べると死ぬことも!正しい食べ方とは?

この記事をシェアする


乾燥わかめはそのまま食べると死ぬことも!正しい食べ方とは?

味噌汁やサラダにパパッと使えることで人気の乾燥わかめですが、そのまま食べると健康状態が悪くなることがあるので食べてはいけません!

特に、小さな子供の場合はおやつ感覚で食べてしまうことがあるので大人は保管場所にも注意する必要があります。

本記事では、乾燥わかめはどうしてそのまま食べてはいけないのか?また正しい食べ方をご紹介いたします。

 

乾燥わかめをそのまま食べてはいけない理由は?

パリパリと食べられる乾燥わかめ。

ダイエット中の人なら、ついつまみ食い感覚で食べてしまいたくなりますが、そのまま食べないようにしましょう。

 

乾燥わかめをそのまま食べると、下記のような症状を引き起こすことがあります。

  1. ・嘔吐
  2. ・腸閉塞
  3. ・腹痛
  4. ・内臓破裂
  5. ・窒息

 

どの症状も苦しいから絶対に裂けたいですよね・・・

どうしてこのような症状が出る可能性があるかというと、乾燥わかめというのは水分を含むとすごく膨張するからです。

 

見た目はクシャクシャしていて小さな乾燥わかめですが、水に戻してみると何と12倍にも膨張します。

ちょっと驚きですよね。

例えば、1gの乾燥わかめを水に戻すと、12gにもなるということです。

 

・乾燥わかめは胃で膨張する

つまり、乾燥わかめを食べる時点では「小さいから大丈夫」と思っていても、胃に入ると水分を吸収して乾燥わかめはどんどん膨らみます。

胃は消化機能があるため、通常ならば消化して腸へと送り込まれますが・・・

乾燥わかめの場合、量によっては膨張するスピードが消化に間に合わないことがあるので、嘔吐してしまうことがあるのです。

 

ただ、嘔吐すればスッキリするかと思いきや・・・

私たちの喉や口は胃のように収縮しないので、膨張したわかめを今度は上手く外へと吐き出すことができないこともあります。

すると、窒息してしまう可能性があり救急車のお世話になることもあります。

 

また、運よくわかめが胃から腸へと送り出されたとしても、わかめには沢山の食物繊維が含まれているため腸で詰まって腸閉塞を引き起こす可能性も出てきます。

最悪の場合は内臓破裂になることもあり、実際に緊急手術をした経験がある人もいるので、絶対に乾燥わかめはそのまま食べてはいけません。

 

乾燥わかめの正しい食べ方

乾燥わかめの正しい食べ方は、乾燥わかめを水に戻した時の量を考慮しながら、食べたい分だけ取り出します。

そして、パッケージに指定されている時間を目安に、たっぷりの水やお湯で戻した後、サラダにしたりお味噌汁の中に入れたり調理しましょう。

大体、戻し時間は水で5分、熱湯で2分程度だと覚えておくと良いです。

 

「乾燥わかめは火に通さなくても良いのか?」と心配になる人もいるかもしれませんが・・・

基本的には火に通さなくても食べられるので安心してください。

なぜなら、乾燥わかめは塩蔵わかめなどとは違い衛生的に製造されているからです。

乾燥わかめは、塩蔵わかめを一度綺麗に洗浄した後、塩抜きをしてから熱風で乾燥させるという工程をとっています。

そのため、水に戻した後にそのまま使用しても問題ありません。

どうしても気になる場合は、乾燥わかめの表面に付着している(かもしれない)ホコリを払ってから水に戻して使用することをおすすめします。

 

乾燥わかめをそのまま食べてしまった時は?

誤って乾燥わかめをそのまま食べてしまった時の対処法をチェックしていきましょう。

特に小さな子供など、乾燥わかめを知らずに食べていた時には、上手く症状が伝えられないことも多いので注意が必要です。

まず、乾燥わかめを食べていたことに気づいても、特に症状がない場合はそのまま様子見でも問題ありません。

しかし、嘔吐していたりガスや便が出ない、腹痛を訴える、食欲がなくなったなど、何等かの症状が出た場合はすぐに病院を受診するようにしてください。

腸閉塞など重い病気にかかっていると最悪の場合は命を落としてしまうこともあるので、十分に子供の顔色などをチェックしておくことが大切です。

大人は、このような事故にならないようにするためにも、乾燥わかめの保管場所には気を付けておきたいですね。

子供の手の届かないところに置いて、大人が見ていない時でも子供が食べてしまわない環境を作っておきましょう。

 

まとめ

乾燥わかめをそのまま食べることは良くありません。

乾燥わかめは水分を吸収すると約12倍にも膨らみます。

そのため、胃で膨張すると嘔吐があったり、腸で詰まって腸閉塞などを引き起こす可能性があります。

乾燥わかめを使う時には、水で戻した時の量を考慮しながら使いたい分だけ取り出すようにしましょう。

そして、誤って乾燥わかめを食べてしまった場合、健康状態をよくチェックして体調の変化があれば病院を受診するようにしてください。

軽く見ていると、最悪の場合は命を落としてしまう危険性もある乾燥わかめ。

正しい方法で、美味しく食事に出していきましょう!

 

ブログ後記

乾燥わかめって知らなかったらそのまま食べちゃいますよね。

かなり危険です。

そうそう、徳島の鳴門わかめはとても美味しいですよ。

水で戻して量を把握してください。