7 mono Blog

京都でものづくりをしている人のブログ

モンブラン生どら焼きを食べてみました。しっとりした味わい。

この記事をシェアする


スポンサーリンク

セブンイレブンのスイーツがすっかり秋に変わったので早速秋の味覚のスイーツを味わってみました。

私が、今回コンビニでチョイスしたスイーツはこちらです。

セブンイレブンのモンブラン生どら焼きです。

 

和菓子の生どら焼きにモンブランの洋菓子の味わいが加わるとなんか新鮮な食感でした。

セブンイレブン,モンブラン生どら焼き



生どら焼きに栗の味わいがしっかりとマッチして食感と濃厚な栗の味と、後味がしっかりしていてあっという間になくなりました。

 

甘すぎない食べやすい甘さでした。とても美味しいので是非食べてみてください。と素直に感じた季節限定のおすすめの生どら焼きです。

 

モンブラン生どら焼きについて紹介します。

 

 

モンブラン生どら焼きは188円(税込203円)で全国のセブンイレブンで買う事が出来ます。

生どら焼とモンブランを組み合わせた、洋風どら焼です。栗と白あんを合わせたあんは、濃厚な味わいです。

 

www.sej.co.jp

 

 

モンブラン生どら焼きの大きさは?

モンブラン生どら焼き,大きさ

大きさは、直径10cmほどで暑さは5cmほどでしょうか。

しっかりとした食べ応えがあるので3時のおやつにちょうど良い大きさです。

 

中身は外側にモンブランのクリームが写真のようにたっぷりと入っています。

外からは分かりませんが、食べてみると真ん中に生クリームがたっぷり入っています。

中身は食べてみてからのお楽しみです。

 

食べた時の食感もどらやきの皮の部分とモンブランのクリームが何とも言えない絶妙な感じです。

 

モンブランの栗の味が初めにドーンとしっかり来てその後に真ん中にある生クリームの味でマイルドに栗の味が変わっていく感じです。

ちょっとクセになる感じでした。

 

原材料は?

モンブラン生どら焼き,原材料

原材料は、次のように表示されています。

クリーム(乳製品)、ブドウ糖、蜂蜜、植物油脂、清酒、水あめ、ゼラチン加工品、醤油、大豆たん白、脱脂粉乳、でんぷん調味料(アミノ酸など)、カラメル色素、(一部に卵、乳成分、小麦、大豆、ゼラチン含む)

保存方法は10度以下です。

 

食べすぎは良くないのでちょこっと甘いもの食べたいなぁ~と感じた時に和菓子と洋菓子の良いところどりって感じです。

 

 

まとめ

 コンビニスイーツはどんどん新製品が出来てきて季節が変わるたびに季節限定品を食べている気がします。

洋菓子が苦手な人でも、モンブラン生どら焼きはとても美味しく頂ける食感と味でした。

甘すぎず、後味もサッパリした甘さだったので食欲の秋を満喫する1つの選択肢としてコンビニのスイーツを食べてみるのはどうでしょう。