7 mono Blog

美容 グルメ 節約 世の中 スキルアップ方法 運動不足解消 ぶらり旅 ペットについてシェアしてます。

脂性肌は洗顔しないことが正しいですか? 【洗顔のコツ】

この記事をシェアする


脂性肌は洗顔しないことが正しいですか? 【洗顔のコツ】

脂性肌の人がよく考えることの1つ。

「結局、脂性肌は洗顔しない方がいいの!?」って悩み。

 

脂性肌だと、洗顔して2時間くらいで肌がべたつくこともあるから、いっそのこと洗顔をやめた方がいいのか?と思う人もいますよね。

結論から言うと、脂性肌の人は洗顔が必要なのですが洗顔方法を工夫すべきなのです。

ここでは、女性の脂性肌で悩む正しい洗顔方法をご紹介いたします。

 

 

 

女性のオイリー肌 洗顔の方法

女性のオイリー肌 洗顔の方法

女性のオイリー肌は洗顔が難しい!

だって、「潤いはほしいけど、潤いに特化した洗顔を選ぶとキレイに落ちない」ですから・・・。

でも、これだけは覚えておきたいことが1つあります。

それは、そもそもオイリー肌は過剰な皮脂分泌が原因になっているということ。

 

では、過剰の皮脂分泌ってどうやったら起こるかご存知ですか?

それは、必要以上に洗顔をすることなんです。

オイリー肌の人って、余分な皮脂を取っ払おうと、結構スクラブ入りで洗浄力強めの洗顔でガシガシ洗っちゃいますよね。

すると、肌に本来残るべき潤いまでなくなってしまうから、皮脂が「これはやばい!肌を守れない!」と勘違いして必要以上の皮脂を出します。

オイリー肌の人は、この繰り返しでどんどん皮脂分泌が盛んになってしまうんですよ。

 

・洗顔は優しく泡で!

そこでオススメしたいオイリー肌の女性に向けた洗顔方法。

まず、メイクをしていない場合はモコモコの「泡」をしっかり作ってから顔を洗うことを意識してください。

しっかりと濃密な泡を立てることで、泡が優しく毛穴の奥に入り込み汚れを浮かせてくれます。

 

中でも私がオススメしたいのは昔流行った「どろあわわ」。

どろあわわってすごく濃密な泡を作ることが出来るんですよね。

なんと、逆さまにしても落ちないくらいの泡を作ることができます。

しかも、潤い成分入りだしクレイで洗顔するから、比較的さっぱりと汚れを落とせるのに潤いは保ちやすいことで有名。

ぜひチェックしてみてください。

 

 

・W洗顔不要のバームもおすすめ

また、メイクを落とす時にはクレンジング+洗顔を選ぶ方も多いのでは?

しかし、この方法だと肌への摩擦が増えて乾燥が進み、結果として皮脂分泌がより盛んになってしまいます。

 

そこでオススメしたいのが、W洗顔不要だけどちゃんと潤いものこしつつ、洗浄力が高いクレンジングバーム。

クレンジングバームは、肌の上で数回なでるだけで汚れが落ちるし美容成分入りのものが多いことが特徴です。

しかも、大体はW洗顔不要だから脂性肌にはもってこいのアイテム!

 

私は個人的にDUOのクレンジングバームがとっても気に入っています。

DUOは自分の肌悩みに合わせてバームを選ぶことが出来るから、脂性肌もケアしやすいです。

 

 

脂性肌のパック おすすめ3選

脂性肌のパック おすすめ3選

最後に、脂性肌にはどんなパックがオススメなのか?

脂性肌の人がパックをすると、お肌が整いやすくなるから定期的に行うといいんです。

私がオススメする脂性肌さんにぴったりのパックはコチラ↓

 

・ルルルンプレシャスホワイト

3種類のルルルンの中でも比較的さっぱり使えるプレシャスホワイト。

美白成分入りで、紫外線ケアも出来るので毎日の化粧水変わりにルルルンで潤いを与えてみては?

 

 

 

・トランシーノ薬用ホワイトニングフェイシャルマスクEX

 

第一三共が販売するこちらのパックは、ハリをアップさせて美白効果まで期待できちゃいます。

夜に使えば、次の朝起きても程よく肌が潤っていますよ。

 

 

・ティーツリーケアソリューションエッセンシャルマスクEX

 

人気すぎて偽物も出回っているから要注意ですが、使えば納得のパックがこちら。

コスパもいいし、ヒタヒタのパックが肌にピタッと密着して気持ちがいいです。

 

 

パックをする時に気を付けたいのがパックをする時間

パックをする時に気を付けたいのがパックをする時間

パックは指定の時間を過ぎてもそのまま貼り付けて放置していると、パックが乾燥し始めて肌に入った潤い成分を逆に吸収してしまいます。

これでは、せっかく潤った肌もまた乾燥して脂性肌に逆戻りですよね・・・。

こんなことにならないように、パックをする時には必ず指定の時間を守るようにしてください。

パックに残った美容エキスは、手や足につけるといいですよ!

勿体ないですからね!!

 

まとめ

脂性肌の方は洗顔をしない方がいいのでは?という方もいますが、洗顔はちゃんと行いましょう。

しかし、洗顔をする時には必要以上の潤いを取らないことが、脂性肌から脱出する方法です。

そのため、泡洗顔ならしっかりと泡立て、メイクも落とすならできるだけ摩擦がかからないようなバームタイプのクレンジングを使うことをおすすめします。

 

また、脂性肌でもパックは定期的に行うのがオイリー肌から卒業する近道でもあります。

規定の時間を守ってパックを行えば、きっと肌の状態が整ってギトギトすることはなくなるはず!

今年の夏までに何とかしたいと考えている方は、ぜひ洗顔から見直してみましょう!