7 mono Blog

京都でものづくりをしている人のブログ

沖澤のどかさんがブザンソン国際指揮者コンクール優勝 優勝歴は? 課題曲は? 出身学校は?

この記事をシェアする


スポンサーリンク

芸術の分野で凄い嬉しいニュースがありましたね。

 

青森県三沢市出身の指揮者の沖澤のどかさんが若手指揮者の登竜門と言われているフランスのブザンソン国際指揮者コンクールで優勝されました。 同コンクールで日本人指揮者の優勝は2011年以来だそうです。

 

f:id:toriyosesyogun:20190922171523j:plain

2019年9月21日に世界中から集まった参加者300人の中から3人(フランスと中国の出身者)に残ったそうです。

決勝で、課題曲が、2曲でシュトラウスの交響詩 死と変容と他1曲です。

 

当記事は沖澤のどかさんについて紹介します。

 

 

沖澤のどかさんの出身学校は?

沖澤のどかさんについて当ブログで調べた事について紹介します。

沖澤のどかさんは青森県三沢市出身です。

1987年生まれ
青森県立青森東高等学校 卒業
東京藝術大学音楽部指揮科 卒業 修士課程修了
ドイツのハンス・アイスラー音楽大
学ベルリン修士課程オーケストラ指揮専攻在学中

お姉さんは、プロチェロ奏者の沖澤直子さんです。

 

沖澤のどかさんのコンクールの優勝歴は?


【ダイジェスト】第18回東京国際音楽コンクール<指揮>2018年

 

2018年 東京国際音楽コンクール 指揮部門で女性として初めて優勝されました。

 実力は日本で1番である事が証明されています。

 

他には第7回ルーマニア国際指揮者コンクールにて第3位受賞されています。

 

ブザンソン国際指揮者コンクールの優勝って凄いの?

ブザンソン国際指揮コンクールは国際的に評価の高い指揮者のコンクールとして知られています。

過去には小澤征爾さんや佐渡裕さんも優勝されています。

 

実は、国際音楽コンクール世界連盟に加盟している指揮コンクールは、非常に少ないです。

 

2019年現在に登録がなされているのは、東京国際音楽コンクールとフィテルベルク国際指揮コンクール、バンベルク・マーラー国際指揮コンクール、トスカニーニ国際指揮コンクール、ブザンソン国際指揮コンクールの5つだそうです。


その5つの内で2つ優勝するのはやはり凄いことです。

 

ブザンソン国際指揮者コンクールの過去の優勝者を紹介します。

 

SNSの反応は?

注目がとても高かったようです。

でも、沖澤のどかさんを今回のニュースで初めて知った人も多かったようです。

やはり、世界的に評価の高いブザンソン国際若手指揮者コンクールの優勝は凄い快挙だったのが改めてわかります。

www.facebook.com

 

 

 

 

 

まとめ

沖澤のどかさんは一度はあきらめかけた夢を諦めないで続けたことが今回の素晴らしい結果に結びついたそうです。

オペラ分野にも活躍の場所を広げているそうで、今後テレビや、ニュースでも紹介されることがあると思いますが、世界的な指揮者として世界中で活躍されることでしょう。

同じ日本人として誇らしいニュースを紹介しました。