7 mono Blog

美容 グルメ 節約 世の中 スキルアップ方法 運動不足解消 ぶらり旅 ペットについてシェアしてます。

転職先の幅を広げる為に期間をずらして複数の転職エージェントに登録するのがおすすめかも。

この記事をシェアする


転職先 転職エージェント

転職する時は転職の専門家であるエージェントを利用するとスムーズにキャリアアップが見えてきます。

なるべくなら期間を少しずらして転職エージェントに複数登録して企業を比較してください。

理由は、はじめの数か月は求人を多く紹介してもらえますが、徐々に紹介してくれる会社が減ってきます。

その少し前のタイミングで次の転職エージェントを利用すると違った視点で転職活動を続けることができますよ。

コロナの影響で求人が減っていると思いますが、それでも、2月~3月、4月~7月、9月~11月は求人が増えると思います。

しっかり準備してより良い職場環境を探してみるのはどうでしょう。

 

 

転職エージェントのおすすめの活用方法

転職 転職エージェント おすすめ

転職したいと思った時にどのような方法で転職をはじめますか?

 リクナビや、マイナビ、Doda等のテレビのコマーシャルをみて転職を考えていませんか?
もちろん、転職支援サービスとしてリクナビや、マイナビ、Dodaは求人数が多いので一番初めに相談するのがよいと思います。

 

でも、Dodaは転職エージェントなので、登録すると面談による相談が出来ます。 リクナビや、マイナビは登録すると自分で気になる企業に応募して転職を進めていく必要があります。

もし、転職するか迷っているなら転職サイトでどのような企業があるのかを調べて転職エージェントにも相談するのがよいですよ。

 

転職エージェントとは

履歴書

転職エージェントを考える前に、エージェントの意味を知ってますか? 
エージェントとは 英語でagentです。 主な意味は、代理人や、代理店、仲介者 です。 この意味から、転職エージェントは、転職サイトを運営する会社に認められて転職をサポートするために活動する担当者がいる組織のことです。 転職する人に対して転職活動をサポートしてくれる代理人となってくれるイメージです。

 

お金がかかるのでは?と感じるかもしれませんが、転職エージェントの多くは企業に優秀な人材を紹介する手数料を受け取っています。 もし、転職エージェントが紹介した優秀な人が内定を勝ち取って転職に成功すると、年収の何パーセントが成功報酬として企業から転職エージェントに支払われる事が多いです。

 

 

転職エージェント 面談は何を聞かれるの?

転職エージェントのサイトに登録すると、転職エージェントの担当者から面談の連絡がきます。 面談は多くは30分程度で、あなたの希望や、今の不満、紹介できる企業を教えてくれます。 その後も面接対策や、職務経歴書のブラッシュアップのサポートをしてくれるので素直に気持ちを伝えるのがよいですよ。

 

転職エージェント 複数登録するべきか?

転職エージェントは多くあります。 それぞれ特徴がありますし、紹介できる企業も違います。大手だと同じ求人を紹介されますが、転職エージェントとのつながりがあるので転職エージェントによって有利不利が見え隠れすることがあります。

 

同時期に転職エージェントに登録すると、面接が重なったり、資料作成が重なったりするので、時期をずらして複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。 転職エージェントも初めは色々と紹介してくれますが、3カ月程度たつと紹介できる企業がなくなるので連絡が少なくなります。この対策としても時期をずらして転職エージェントに複数登録するのがお勧めです。

 

転職エージェントの比較は有効?

転職エージェント 比較

転職エージェントは複数あるのですが、有名なのが5社くらいです。 

それぞれ特徴があるのでシェアします。

 

リクルートエージェント : 

TOEICが高得点や、学歴に自身がある人、資格を取得している人に大手企業の転職を目指す時に力になってもらえます。

DODA : 

職務経歴書作成のサポートがすごく充実しているいます。 転職活動のフォローアップも親切で安心できます。

JAC : 

各担当者ごとに対応してもらえるので初めはビックリしますが、企業の情報はとても詳しく教えてもらます。


ビズリーチ : 

色々な企業の転職エージェントや、ヘッドハンターから連絡がきます。 有料サポートがあるのでワンランクアップを目指す環境があると感じます。
パソナキャリアエージェント : 大手の求人数と安心感があります。

 

転職エージェント 3選

転職 活動 比較

転職エージェントのランキングは人によって違うので参考まででお願いします。

 

TOEICが高得点、資格を取得しているなどキャリアアップの準備が出来ている人

1 : リクルートエージェント
2 : DODA
3 : ビズリーチ

 

転職の準備はこれからという人

1 : DODA
2 : ビズリーチ
3 : パソナキャリアエージェント

 

 

リクルートエージェントとdodaの比較

転職を考えるときに転職のサポートをしてもらってください。

 では、どのような転職のサポートがあるのか知ってますか?

 これは多くの転職支援サービスで同じようなサポートがあります。

 

たとえば、履歴書の添削、職務経歴書の添削。 これは、しっかりサポートしてくれるコンサルタントと、職務経歴書や、履歴書の書類をあまり重視していないところもあります。

 

リクルートエージェントはしっかり添削してもらいました。 

dodaは職務経歴書の体裁を整えてもらいました。

 

でも、リクルートエージェントとdodaのどちらで転職活動をするのがよいのでしょう。

 

少しでも気になったら相談してくださいね
リクルートエージェント

 

少し表にまとめてみました。

項目名 リクルートエージェント doda
転職のサポート 担当者によるコンサルタント 担当者
オフィスの場所 東京、愛知、京都、大阪、福岡 東京、愛知、大阪、京都、福岡