7 mono Blog

京都でものづくりをしている人のブログ

10万円給付申請のオンライン不備続出? 生活を支える支援のまとめ

この記事をシェアする


スポンサーリンク

10万円給付

ヤフーニュースで 10万円給付金のオンライン申請で不備が続出しているから郵送するように呼び掛け続出という記事を読んで、給付はうれしいけど、煩雑な手続きはあららと感じちゃいました。

厚生労働省の生活を支える支援のまとめるブログ記事を書こうと思いました。

 

元々、今からマイナンバーカードを申請しても今回の給付に間に合わないということを言われていましたが、すでにマイナンバーを持っている人すら手続きできないというのは困った話ですよね。 

news.yahoo.co.jp

 

元々、マイナンバーカードはすべての個人情報がつながるのでセキュリティー的に危ういところがあると言われていました。

このことが原因で普及しなかったのだろうとかんじていましたが、実際は、10万円支給を少しでも早くほしい人たちに需要があったという感じですかね。。。

 

10万円給付申請のニュースをきっかけになって厚生労働省のサイトをチェックしたら他にも生活を支える支援があったので当てはまる人は申請してみるのはどうでしょう。

生活を支える支援のまとめ

厚生労働省の2020年5月1日時点の資料

  1. 特別定額給付金基準日(令和2年4月27日)に住民基本台帳に記録されている方に対し、1人当たり10万円の給付を行います。※申請期限は、申請受付開始日から3か月以内
  2. 子育て世帯への臨時特別給付金(子育て世帯向け)新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取組の一つとして、児童手当(本則給付)を受給する世帯に対して、臨時特別の給付金(一時金)を支給します。
  3. 緊急小口資金・総合支援資金(生活費)新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等により、生活資金でお悩みの方に対し、必要な生活費用等の貸付を実施します。
  4. 持続化給付金(中堅・中小法人、個人事業者向け)新型コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。
  5. 実質無利子・無担保融資(事業資金)新型コロナウイルス感染症による影響により事業が悪化した事業性のあるフリーランスを含む個人事業主等に対し、無担保・無利子で融資を行います。
  6. 社会保険料等の猶予 生活に不安を感じておられる方々への緊急対応策の1つとして、社会保険料のほか、国税や公共料金等の支払・納付猶予等が認められる場合があります。
  7. 住居確保給付金(家賃)休業等に伴う収入減少により、離職や廃業と同程度の状況に至り、住居を失うおそれが生じている方々に対しても、一定期間家賃相当額を支給できるよう拡充します。
  8. 生活困窮者自立相談支援事業 様々な課題を抱える生活に困窮する方に対して、一人ひとりの状況に合わせた包括的な支援を実施しております。
  9. 生活保護 現に生活に困窮している方に、最低生活の保障と自立の助長を図ることを目的として、困窮の程度に応じて生活費、住居費等の必要な保護を実施しています。

 引用元:厚生労働省:生活を支えるための支援のご案内 20200501

 

厚生労働省のpdfのリンクを張っておきますので

詳しくはこちらで確認して下さい。

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000622924.pdf

 

困窮学生向け支援の案について

 困窮学生対策に関する自民党プロジェクトチームも提案されていました。

大学生は学費が大変なのでこの法案が通ることを願います。

headlines.yahoo.co.jp

新型コロナウイルス感染拡大による困窮学生対策に関する自民党プロジェクトチームは12日、学生1人当たり10万円の給付を柱とする支援策を発表した。アルバイト収入の大幅減少などで修学継続が困難になる学生を救済する狙いで、特に困窮したケースでは20万円給付する。全学生の2割が支給対象になると見込む。追加の緊急経済対策として政府に実現を働き掛ける。

支援策では、大学、大学院、短大、専門学校の学生のほか、日本語学校で学ぶ外国人留学生も対象とした。財源は、先月成立した補正予算を含む2020年度予算の予備費を充てる

 

警告!給付申請の手続きには気をつけて

はてなブログをしている人は大丈夫と思いますが、厚生労働省に警告があったのでシェアします。 

周りの人が騙されないように周知徹底が必要な気がしました。

10万円給付申請 警告

 

 

SNSの反応は?

10万円の給付金の不備続出についてSNSの反応をチェックしてみました。

マイナンバーカードの普及率が上がるなぁ~と感じてましたが。。。という感じですね。 

 確かにそう感じるかもしれません。

 国立市のオンライン申請開始が2020年5月15日からのようです。申請書類は5月下旬予定。 スムーズにいくことを願います。

 

郵送になったときに不備もありそうですね。安倍のマスクのように。。。

 マイナンバーカード持っていても申請ができないのはちょっと。。。って感じですね。

 10万円の申請をマイナンバーでできた自治体もあるようです。

 確かに、後手後手の印象しか残らないですね。

 10万円給付申請の使い道は親孝行ですね。

 マイナンバー持っていても手続きできないのは。。。古いスマホがダメなの?

 マイナンバーカードって2つも暗証番号が言ったんですね。知らなかった。。

 マイナンバーカードの申請は3密だったようです。

 マイナンバーカードでの申請、簡単にできた人もいたようですね。

 

 

 

 まとめ

100年に一度の疫病の新型コロナ感染症の世界的なパンデミックで世の中が大きく変わる予兆がでできましたね。

元のように戻れないかもが現実味を帯びてきました。

でも、今回の経験で新しい環境でよりよくなる可能性も見えてきました。

変わらないといけない、変化し続けることが出来ないと生き残れないのは自然の摂理かもしれません。

 

しっかりと、アフターコロナは、オンライン、5G、IoTが使えない人たちはどんどん淘汰されていくような気がします。

 

マイナンバーカードのオンライン申請に対応できなかった地方自治体や、国は世代交代の必要がありそうな現実が露呈した出来事だった気がします。

 

生活を支える支援はぜひ活用できることは活用してみるのはどうでしょう。