7 mono Blog

グルメ 節約 世の中 スキルアップ方法 運動不足解消 美容 ぶらり旅 ペットについてシェアしてます。

電動自転車で子供乗せ 3人乗りの選び方【保育園や幼稚園の送迎に!】

この記事をシェアする


スポンサーリンク

電動自転車 子供載せ 3人乗り

電動自転車の子供乗せの3人乗りって良いなぁ~と

考えたことはありませんか?

 

パナソニックのギュット、

ブリジストンのbikke POLAR e (ビッケポーラー e)を

よく見かけますよね。

 

普段の家事だけでなく子供の送迎もあって大変…

そんな人もいるのではないでしょうか。

 

なかでも保育園や幼稚園に通う子供が2人いると

普段の生活の中の負担を少しでも軽減するために

 

電動自転車の購入を考えている人のためにも

今回は電動自転車の選び方を紹介します。

 

 

 

電動自転車の子供乗せの3人乗りの選び方

 

電動自転車の子供乗せの3人乗りの選び方

電動自転車の選び方のポイントは主に以下の4つです。

  • 「カゴ」と「足元」

3人乗りはシートが前後に必要となるので、

カゴと足元を考慮して選ぶ必要があります。

 

  • タイヤサイズ

電動自転車のタイヤは20~24インチ(小さめサイズ)と

26インチ以上(大きめサイズ)があります。

 

  • バッテリー容量

電動自転車ならバッテリーがないと非常に重い自転車となってしまいます。そのため、走る距離を考えて容量を決めましょう。

 

  • 予算

電動自転車は普通の自転車よりも値段が高くなってきます。

どのぐらいの予算が必要か知っておく必要があります。

 

この4つのポイントについて更に詳しく見ていきます。

 

3人乗りを選ぶなら「カゴ」と「足元」が大事!

3人乗りを選ぶなら「カゴ」と「足元」が大事!

 

2人乗りの子供乗せ電動自転車にチャイルドシートを

追加で取り付けると3人乗りにもできます。

その際、カゴの有無と足元の窮屈さに違いが出ます。

では、前乗せと後ろ乗せの自転車で

どのように変わってくるのでしょうか。

  • 共通点

前に乗せられる子供は1~4歳未満

後ろに乗せられる子供は2~6歳未満

 

  • 前乗せタイプ

後ろ乗せに比べて安定して走れる

足元が窮屈にならない

3人乗りにするとカゴを取り付けられない

 

  • 後ろ乗せタイプ

カゴが使える

駐輪場で駐車しやすい

足元が窮屈

 

以上のような特徴と、ご自身の希望や習慣を照らし合わせて

考えてみると良いでしょう。

 

タイヤのサイズを選ぶポイント

タイヤのサイズを選ぶポイント

上で説明したようにタイヤのサイズは2種類あります。

それぞれのタイヤに向いている人の特徴は以下の通りです。

  • 20~24インチ(小さめタイヤ)

チャイルドシートにお子様を乗せやすい

重心が低くタイヤが太いため、安定する

小柄な人でも踏ん張りやすいが高身長の人は漕ぎにくい

 

  • 26インチ以上(大きめタイヤ)

一般的な自転車と似た漕ぎ心地のため、漕ぎやすい

シートを外せば普通の電動自転車として使える

身長の高い人でも漕ぎやすい

お子様を乗せるのに高く持ち上げる必要がある

 

タイヤのサイズも自身の希望や体格と照らし合わせて

考えるのが良いみたいですね。

 

バッテリーの容量は気にする必要がある?

バッテリーの容量は気にする必要がある?

バッテリーの容量は走行可能距離と関わってきます。

バッテリーの容量は「Ah」で表され、

数値が大きいほど1回の充電で長く走れます。

頻繁に利用する人は

12~16Ahの大容量バッテリーを搭載したものを選ぶと

充電の回数が少なくて済むようです。

以下に走行可能距離と1.6kmを毎日走る場合の充電頻度の目安を

記載しておくので参考にしてみてください。

  • 12Ah

走行可能距離:40~70km

充電頻度:1ヶ月に1~3回

  • 16Ah以上

走行可能距離:60~96km

充電頻度:1ヶ月に1~2回

 

確かにバッテリー容量が大きいと充電頻度は少なくて済みますが、

バッテリー容量が大きいと値段も高くなるので、

利用頻度と走行距離などを基に考えてみましょう。

 

電動自転車の値段はどのぐらい必要?

電動自転車の値段はどのぐらい必要?

 

予算としては大体16万円程は用意する必要があるでしょう。

国内の大手自転車メーカーの子供乗せ電動自転車の

平均価格は以下の通りです。

 

車体:14~18万円

ヘルメット:2~3千円

防犯登録:500~600円

 

更に安く抑えたい人は、ママチャリタイプの電動自転車に

チャイルドシートを取り付けるという方法もあります。

その場合でも最低10万円の予算は必要となりそうです。

 

やはり電動自転車となると価格も高くなってきますね。

車体だけでなくヘルメットやレインコートなども

必要となってくるうえ、

バッテリーの交換などの維持費も考えて購入しましょう。

 

子供乗せの3人乗り電動自転車のメーカーは?

子供乗せの3人乗り電動自転車のメーカーは?

人気の子供乗せ電動自転車とその特徴は以下の通りです。

  • BRIDGESTONE bikkeシリーズ

派手すぎないナチュラルなデザイン

チャイルドシートのクッションを好みの柄にカスタマイズ可能

充電器の使用回数を減らせる自動充電機能搭載

 

  • Panasonic Gyuttoシリーズ

華やかで上品なデザイン

ベビー用品メーカーcombiと共同開発したクルームシート採用

鍵を挿さずにワンタッチで施錠・解錠できるラクイック採用

 

  • YAMAHA PASシリーズ

個性的なデザイン

豊富なカラー展開と2色使いのモデルも

丸みを帯びた後ろ乗せシート

スマートデザインの前乗せシート

スマートパワーアシストで上り坂も滑らかにアシスト

 

まとめ

3人乗りの子供乗せ電動自転車の選び方を見てきました。

電動自転車と一口に言っても

様々なメーカーやタイプがあるだけでなく、

タイヤやシートなど部分ごとにも好みが表れてくると思います。

ご自身の好みや希望はもちろん、

利用頻度や習慣に合ったものを選ぶ際の参考になれば嬉しいです。