7 mono Blog

京都でものづくりをしている人のブログ

コロナ結婚したいに答えたNY州!オンライン結婚ならロックダウンでもOK!

この記事をシェアする


スポンサーリンク

日本でも緊急事態宣言が全国に発令されて不要不急の外出を控えることが重要になりました。

世界的な生命の危機に直面している中で結婚を控えていたカップルは複雑な心境でしょう。 でも、米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が前向きな行動に舵を切ったニュースがあったのでブログ記事としてシェアします。

オンライン結婚

 

コロナ結婚できない?

新型コロナウイルスの影響で、結婚式のキャンセルや、結婚式に出たくないと感じている人も多いと思います。

 

緊急事態宣言で日本でも不要不急の外出が禁止になって、一年前から予約していた結婚式の日取りが台無しになった人も多いみたいです。

 

でも、すでに、ロックダウンしているNY州でオンライン結婚ができるようになったそうです。

結婚の手続きがオンラインで完結します。

賛否両論がありますが、結婚することによる相続や、健康保険などメリットがあります。

多くの方が亡くなっている新型コロナウイルスの危機の中ですが、お互いの絆を強くする人たちの後押しになるような気がします。

www.bbc.com

コロナ結婚 コロナ離婚って何?

コロナ結婚

新型コロナウイルスの猛威が世界を襲っている中、命の危機に直面したことで今のパートナーと結婚したいと改めて気づくカップルが増えているようです。

このような人たちが結婚することをコロナ結婚という言葉で話題になっていました。

結婚することで、お互いに何かあったときに保証も充実しますし、何よりも結婚という形式的な形ですが、結婚したという証が残ることで新型コロナウイルス感染症に立ち向かう決意ができるのでないでしょうか? 不要不急の外出禁止になっても常に一緒に入れますしね。

 

コロナ離婚

逆に、新型コロナ感染症の影響で不要不急の外出の自粛や、在宅勤務、自宅待機、契約延長中止などにより、収入が減る、お給料が減る、仕事がなくなるなどのストレスのある状態で夫婦仲が悪くなり、離婚してしまう夫婦も増えたようです。

新型コロナの影響がきっかけで離婚してしまうことをコロナ離婚という言葉が出来ました。

元々、夫婦仲が悪い人たちだけでなく、普通の家庭でもコロナウイルスの影響で夫婦仲がぎくしゃくしてしまうのでないでしょうか? お互い極度の不安やストレスを感じていると普段言わない言葉を言ったりすることはどの夫婦でもあります。

やばいと感じると、少しでも夫婦の距離を空ける時間を一日の中で作るのがおすすめです。例えば、ジョギングに出かけるとか、散歩に出かけるなどですね。 あとは、別々の部屋で映画や本、漫画を読むのもおすすめですよ。

 

コロナ結婚願望が増える?

これだけ新型コロナウイルスの猛威を目の当たりにするとパートナーが必要と感じる人が増えるのはわかる気がします。

漫才師のリンゴさんはテレビで何度か、阪神大震災が影響で結婚したいと感じたそうです。それまでは、結婚願望は全くなかったようですが、やはり、命の危険を感じたら結婚という形でもパートナーの存在は大事に感じるのはある意味自然の摂理なのかな?

と感じてます。

もし、結婚願望があることを感じたらその気持ちに素直になることが大事だと思います。

コロナ結婚したいと感じたら。

コロナ結婚したいと感じたらパートナーがいる人は、その気持ちをパートナーに素直に伝えることが大事かもしれません。きっと、相手も同じように感じている可能性がありますよね。

ひょっとしたら結婚するきっかけになる出来事になるかもしれません。

 

コロナ結婚式 twitter

新型コロナウイルスの影響で結婚式の延期を決めた人や、悩んでいる人たちがTwitterで自分たちの状況を発信しておられます。

周りに、悩んでいる人たちがいたら決断するきっかけになるのでないでしょうか?

これだけの人たちが結婚を延期しているいると知ったら少しでも気持ちがらくになるかもしれません。

 

結婚おめでとうございます。

英断に敬意。

 ご多幸をお祈り申し上げます

 結婚式のキャンセルで悩んでいる人がいるのは残念です。

 一生に一度と言われますが、新型コロナウイルス感染症の世界的パンデミックは緊急事態なのです。結婚式クラスタにならないように判断するのも大事です。

 キャンセル料の問題もあります。

 事情は理解できます。

 結婚式保険もあるんですね。適用外にならないようにしっかりとチェックが必要です。

 一人で悩んでいる人も多いようなので情報のシェアは大事ですね。

 身内だからこその悩みもあるようです。

 結婚式の延期や、キャンセルで悩んでいるなら一読してみるのはどうでしょう。

 

まとめ

 新型コロナウイルス感染症の影響で、本来なら皆に祝福される新郎新婦さんがキャンセルや、延期の手続きで悩んでいる人たちが多いようです。

夫婦としての旅立ちですが、このような危機を夫婦で乗り越えた経験はとても貴重になると思います。

100年に一度の世界的な危機状態なのでみんなで団結して乗り越えましょう。