便利なものやおすすめをシェアするブログ [ななもの]

普段使っていておすすめの便利なも、便利グッズ、知恵袋を紹介しています。

ビフィックスは内臓脂肪にアプローチ!ダイエッターが喜ぶ嬉しい効果をご紹介

この記事をシェアする


ビフィックスは内臓脂肪にアプローチ!ダイエッターが喜ぶ嬉しい効果をご紹介

「食べ物を選ぶなら、保健機能食品を選んだ方がいい」

確かにその通りかもしれませんが、私はビフィックスは保険機能食品ではなくてもオススメできる食品だと確信しております!

 

なぜなら、ビフィックスを販売する会社「江崎グリコ」が独自の研究をした結果、

  • 内臓脂肪を減らす
  • 便秘解消

この2つが期待できることが分かったからです!

 

そう、ビフィックスはダイエットにうってつけのヨーグルト!

 

本記事では、ビフィックスの嬉しい2つの効果について詳しく説明いたします。

 

 

ビフィックスは内臓脂肪にアプローチ!グリコが行った独自研究とは?

ビフィックスは内臓脂肪にアプローチ!グリコが行った独自研究とは?

グリコの独自調査によると、ビフィックスは内臓脂肪を減らす働きがあるそうです。

皮下脂肪ではないので、体型が劇的に変わる可能性はありませんが、内臓脂肪だってれっきとした“脂肪”。

だからこそ、内臓脂肪は減らしておかないと生活習慣病の原因にもなりかねません。

特に女性は内臓脂肪がつきやすいので、ビフィックスで内臓脂肪が減らせるなら超ありがたいですね。

 

江崎グリコの内臓脂肪調査

独自調査では、ビフィックスを摂取したグループと摂取していないグループに分けて調査しています。

日本人でBMI指数が23~30までの男女に、ビフィックスを摂取するグループとビフィックスの疑似飲料であるプラセボを摂取したグループに分けましたよ。

 

その結果、ビフィックスを2.3カ月継続したグループの内臓脂肪面積が少なくなっているというデータが出ました。

つまり、ビフィックスを8週間以上摂取することで、内臓脂肪を減らす効果が期待できることが証明されたのです。

 

さらに、メタボリックだと診断されていない人がビフィックスを摂取し続けると、内臓脂肪の変化はより高くなることも分かりました。

 

ビフィックスは便秘解消にアプローチ!江崎グリコが行った独自研究とは

ビフィックスは便秘解消にアプローチ!江崎グリコが行った独自研究とは

ビフィックスを摂取し続けると、排便の頻度も高くなるそうです!

こちらも女性に多い便秘ですが、便秘になると血液もドロドロになりやすかったり体内の毒素が排出されずイライラの元になったりと、いいことなしですよね。

また、あまりに便秘がひどいと食欲も低下するため栄養状態も悪化して寿命が縮んでしまう可能性も指摘されています。

早速、ビフィックスの同独自調査を見ていきましょう!

 

江崎グリコの便秘解消調査

便秘解消調査では、20~60歳までの健常者80名にビフィックスを摂取するグループとビフィックス以外のヨーグルトを摂取するグループに分かれてもらいましたよ。

それぞれ2週間、対象のヨーグルトを食べ続けてもらい、次の2週間は休止。

そして今度はヨーグルトを交換してまた2週間食べてもらいました。

すると、どちらのヨーグルトを食べても排便回数は増えたのですが、ビフィックスを食べた時の方が排便回数が更に多いことが分かったのです。

 

つまり、普通のヨーグルトを食べていても便秘解消効果は期待できるけど、ビフィックスを食べていた方がより便秘解消効果を期待できるということですね!

 

ビフィックスに含まれる乳酸菌はなに?

では、便秘解消効果にアプローチしてくれたビフィックスに含まれる乳酸菌は一体何なのか?

結論から言うと、ビフィックスに含まれている乳酸菌は「GCL2505」と呼ばれる江崎グリコが独自に開発した乳酸菌です。

このGCL2505は、生きたまま腸まで届いて腸に到達すると繁殖するという性質をもっています。

 

ビフィックスの中には、GCL2505が100g当たり100億個含まれていますよ。

また、Bifix高濃度ビフィズス菌ドリンクには1本で800億個含まれています。

 

ビフィックスでダイエットは出来るの!?

ビフィックスでダイエットは出来るの!?

内臓脂肪を減らすだけでは、なかなか体型に影響しないからダイエットには不向きかも・・・

と思うかもしれませんね。

確かに、ビフィックスを食べてもBMI指数を減らすことはできません。

でも、ビフィックスを食べる続けることで便秘を解消しやすくなることは実験からも証明されています。

便秘が解消して腸内環境が整うと、毒素が体内にまわりにくくなるので太りにくい体質になりやすい他、ポッコリお腹もフラットにサポートしてくれます。

だから、ダイエットのサポート的存在としてビフィックスを日常的に取り入れるのはアリだと思います!

 

まとめ

ビフィックスは、保健機能食品に指定されていません。

そのため、効果・効能を謳うことはできませんが、販売会社である江崎グリコの独自調査によると、内臓脂肪の減少と便秘解消効果が期待できることが証明されました。

そのため、生活習慣病を予防したい方やぽっこりお腹を解消したい方にはうってつけの食べ物だと考えます。

 

体型が変わらなくても、やはり内側からキレイな人って素敵に見えますよね!

ビフィックスなら市販店で簡単に手に入るし、とにかくさっぱりした甘さがあって美味しいですよね!

なので、気になる方は購入して食べてみるといいかもしれません♪